2019.10.23 |226view

七五三の子供服はどうやって仕入れる?仕入れ方法やおすすめのサイトを紹介

子供が主役になるイベントは数多くありますが、晴れ着でお参りをする七五三もその一つ。
我が子に着せる晴れ着を選ぶ親御さんにとってはもちろん、子供服を販売する側にとっても売り上げを左右する重要な行事と言えます。
そのような子供の晴れ着は、一体どのように仕入れたら良いのでしょうか?
そこで今回の記事では、七五三向けの子供服を仕入れる方法を解説しつつ、低リスクで気軽に利用できるおすすめの仕入先をご紹介します。

七五三とは? 子供はどんな服装でお参りするの?

「七五三参り」もしくは「七五三詣(しちごさんもうで)」とは、
これまでの成長に感謝しながら今後も子供が健やかに成長しますようにと祈願する日本の伝統行事です。
本来であれば毎年11月15日に参拝するのが正式ですが、
「厳しい寒さを避けたい」「親戚が集まりにくい」などの事情もあり、
10月中旬頃〜11月15日前後までの土日祝日または吉日に晴れ着を着て神社にお参りする家庭が多いようです。

七五三を行う時期は性別によって異なるのが特徴で、
一般的には男の子なら3歳と5歳、女の子なら3歳と7歳に行います。
この年齢が選ばれている理由は、七五三が性別問わず髪の毛を伸ばし始める3歳で行う「髪置き」、
5歳の男の子が初めて袴をつける「袴着」、7歳の女の子が帯を使い始める「帯解き」という3つの儀式に由来しているからでしょう。
そのため、伝統的な七五三を希望する家庭では袴や着物といった子供の年齢ごとに定められた和装を選ぶ傾向にありますが、
ライフスタイルに合わせたスーツやワンピースなどのフォーマルな洋装でもマナー違反にはなりません。

七五三の子供服を仕入れる方法1:卸問屋に行く

商材を手に取って確かめたい、個数によって仕入れ値を交渉したいという場合は
「卸問屋」を利用して七五三の子供服を仕入れるのも一つの方法です。
ただし、卸問屋としては製造メーカーから購入した商品を企業や個人事業主向けに販売しているため、
メーカーとの信頼関係が損なわれるリスクを避けなければなりません。
だからこそ、過度な安売りや事実とは異なる宣伝など万が一のトラブルに備えて、
実店舗を条件としている卸問屋が多いのでしょう。
場合によってはネット販売のみのECサイトでは仕入れられない可能性もあるので、事前の確認が必要です。

七五三の子供服を仕入れる方法2:見本市・展示会に参加する

個人で開業している人でも七五三の子供服を仕入れられる可能性が高い方法として、
「見本市」や「展示会」への参加が挙げられます。
見本市や展示会では複数の製造メーカーが出展している商材を比較しながら選べる分、
その年のトレンドが把握しやすいうえ個性的なデザインが見つけやすいというのも大きなメリットです。
中には、見本市や展示会でメーカーや問屋との繋がりが築けて人脈が広がった、
という個人事業主も少なくありません。

その反面、期間限定で開催されるため他の方法に比べて日程や時間にゆとりがないというデメリットがあります。
タイミングが合わなければ参加自体が難しいのはもちろん、商材を吟味する時間も限られているのが実情です。
特に人気のメーカーは競争率が高く、商談の順番がなかなか回ってこないケースも珍しくありません。

七五三の子供服を仕入れる方法3:国内の仕入れサイトを活用する

交通費や時間などを削減して効率的に七五三の子供服を仕入れたいという場合は、
インターネット上で展開している国内の仕入れサイトを活用するのも有効な手段です。
特筆すべきは、会員登録を行えば誰でも手軽にサービスが利用できるというメリットでしょう。
場所や時間を選ばずに発注できるうえ、1着からでも購入できるサイトや商品画像を提供してくれるサイトなどが多いのも魅力です。
ただし、個人でもネットショップが簡単に作れるようになるにつれて国内の仕入れサイトも増えています。
それぞれのサイトによって得意分野が違うため、事前のリサーチは欠かせません。

七五三の子供服の仕入れはイチオクネットがおすすめ

国内の仕入れサイトを利用して七五三の子供服を調達する場合、
求めている商材を得意としているサイトが有力候補となります。
そこでオススメなのが、アパレル専門の仕入れサイトとして業界最大級の品揃えを誇っているだけでなく、
キッズ商材の豊富さにも定評がある「ICHIOKU.net(イチオクネット)」です。
登録費や年会費などの初期費用が全て無料になっていますので、
特にネットショップの開設を準備中という人や商材の調達に慣れていないという人にとっては、
挑戦しやすい仕入れ先と言えるでしょう。

数ある国内の仕入れサイトの中でも、
ECサイトの運営者をはじめとする小規模小売店に優しいのがイチオクネットの魅力。
イチオクネットに会員登録すると、商材の卸価格が表示されます。
最低購入価格は決まっているものの、たとえ個人であっても卸問屋やメーカーから直販で仕入れることができるのはもちろん、
サプライヤーとの商談までできるのです。
また、一般的な卸問屋では付き合いが短い顧客に対して大量注文を条件にしているケースも珍しくありません。
その点、イチオクネットなら初回でも1点から仕入れられる商材が豊富ですから、低予算で仕入れたいという個人事業主でも低リスクで気軽に利用できる仕組みになっています。

七五三の子供服は仕入れサイトを活用しよう

七五三は、子供服のショップ運営者にとって一大イベント。
とはいえ、卸問屋や展示会などはショップを始めたばかりの人にとって敷居が低いとは言えません。
だからこそ、初心者の多くが手軽に利用できる国内仕入れサイトを活用しているのでしょう。
特に、七五三シーズンに備えた子供服の仕入れに適しているのがアパレル商材を専門とするイチオクネットです。
和服からフォーマルな洋服まで豊富な商材が揃っています。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ