2019.09.04 |108view

SNSマーケティングがアパレルやECサイトと相性が良い理由を解説!

SNSには、一方的な広告にはないメリットが多くマーケティング活動の中に積極的に活用する企業が増えています。
とくに、アパレル事業やECサイト運営では、SNSとの連携が浸透しているようです。
この記事では、SNSマーケティングがアパレル事業やECサイト運営と相性が良い4つの理由を説明します。
SNS活用をご検討中であれば、立ち上げ前に、ぜひチェックしてみてください。

理由1.画像がたくさん載せられる

SNSでは、たくさんの画像を発信することができます。
この点がアパレル業界やECサイトと相性が良い大きな理由の一つです。

アパレルの場合、洋服の色彩やデザインまで確認できる、多数の画像コンテンツを載せることができます。
小物使いやコーディネートもパターンごとに配信して、比較検討してもらうことも可能です。
実店舗と比べても遜色のない情報量を確保できるため、十分にイメージしてもらうことができます。
買い物自体も楽しんでもらえるでしょう。

扱う商品のジャンルにもよりますが、ECサイトでの買い物にも画像情報は欠かせません。
画像や動画を載せることで、商品についての詳しい情報まで届けることができるのです。
このように、SNSを使ったコンテンツマーケティングによって高い集客効果が見込めます。

理由2.口コミが広がりやすい

相性が良い2つ目の理由としては、SNSではダイレクトコミュニケーションが可能で、口コミの拡散力も高いことが挙げられます。
自社のSNS投稿に対し、ユーザー(消費者)は直接コメントすることができます。
さらに、そのコメントは他のユーザーにも拡散によって広がっていきます。

つまり、一人のユーザーの反応、もしくは一人のユーザーへの企業の対応が、半ば自動的に複数への商品情報の配信にもつながっていきます。
この点が、企業が発信する通常の広告にはないポイントです。
ハッシュタグを使うことで、商品に関心の高いユーザーを集めることもできます。
つまり、購買意欲が高い見込み顧客が集めやすいということです。
ハッシュタグによる検索機能は、複数のSNS媒体に備わっているため、連携させることでさらなる拡散効果が狙えます。

商品の存在を知らない、もしくは関心のないユーザーも、友人やフォローした人のつながりを通じて商品情報を目にする可能性があります。
投稿に対する、好意的なコメントや口コミの情報を目にすれば、ネットからの購入を促せるのです。
SNSで興味を喚起して、自然にオンラインサイトに誘導するという流れを作ることも可能となります。

理由3.有名人とタイアップできる

SNSの場合、影響力のある有名人(インフルエンサー)とタイアップすることで、マーケティング効果を高められるというメリットがあります。
たとえば、自社の商品を着こなしてもらったり、使ってもらったりすることで、有名人を通じて商品の認知度を効率的に上げることができたり、商品の好感度を上げたりする効果が期待できるのです。

また、消費者の購買意欲を喚起できる確率も高まる可能性があります。
その有名人が好きなユーザーの中には「真似したい」「イメージに近づきたい」という意識を持っているユーザーもいると考えられます。
「自分もほしい」と思って購入のアクションを起こしてもらえる期待も持てるのです。

また、リーズナブルな価格帯のブランドの場合、安いことがブランドイメージを下げてしまうこともあります。
そこで、おしゃれな有名人に着こなしてもらったり、紹介してもらうことで、ブランドのイメージアップも図れるのです。
有名人とタイアップして、完成度の高い画像を載せていけば、まるでファッション誌を見るような感覚で自社のSNSを閲覧してもらうことができます。

理由4.個人ユーザーがメインになる

相性が良い4つ目の理由は、SNSが個人的に利用されているツールだということです。
洋服などを取り扱うアパレルや日用雑貨系のECサイトの多くが、個人ユーザーをメインターゲットにしています。
これが、SNSを活用している層と一致しているのです。

個人ユーザーの多いSNSでは、個々のユーザーが、自分が買ったり使ったりした商品の情報を発信しています。
企業が頼まなくても、使った感想や使い心地を他のユーザーと共有し合っているのです。
そのため、消費者が何らかの商品を買いたいと思ったときには、SNS上にある口コミ情報をチェックして、購入前の参考にするという流れも浸透しています。

とくに、アパレルやECサイトで購入できる商品には、個人の判断で購入できる価格帯のものも少なくありません。
好意的、もしくは高評価の口コミが多く見つかるほど、そのまま購入サイトへ誘導できる可能性も高くなります。
これらの条件が整えば、実際の購入につながる確率もかなり高くなると考えることができるのです。

SNSマーケティングを駆使して高いブランディングを維持しよう!

SNSは費用もかからず、簡単に始められるツールですが、マーケティングに大きな貢献を果たします。
SNS受けする画像を用意してブランディングを高めることも可能です。
ぜひ、口コミで広げてもらえる媒体の特質を最大限に活かして、拡散の輪を広げていきましょう。
口コミであれば、広告で売り込むより、ポジティブに受け止められる可能性が高くなります。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ