2019.04.13 |256view

早めにチェックして!2019春夏のトレンドキーワード7選!

多くの人が連休を取り、イベントも多いGWはアパレルショップにとっては書き入れ時です。
ただ、ネット販売の場合はGWだからこそ気をつけなければならない点もいくつか存在し、
それを怠ると逆に売り上げを落とすことにもなりかねません。
そこで、ネット販売を行っている人のために、売り上げアップのためのポイントについて解説をしていきます。

GWはイベントが多くサイトへのアクセス数が下がりやすい

実店舗では書き入れ時であるはずのGWもネットショップでは売り上げを落としてしまうという現象がよくみられます。
その原因のひとつとして挙げられるのが、GW中は外出する人が多いという点です。外出する人が多ければ実店舗にとっては売り上げを伸ばすチャンスになりますが、その分、ネットの利用者は少なくなるのでネットショップの売り上げは落ちてしまうことになります。
もちろん、現在ではスマホが普及しているので、外出先でネットにアクセスして注文をするといったケースもないではありません。
しかし、家族と外出をしている最中にわざわざネットで買い物をする人はそう多くはないでしょう。

また、外出が多いということはそれだけ出費が増えるという事実を意味します。
連休中にレジャーでお金を使ってしまえば、当然、他のところで出費を抑えようという心理が働きます。
その結果、ネットショップでの買い物も控えられてしまうというわけです。
しかも、多くの人がこうした考えを持つと、連休中だけでなく、その前後でも売り上げは落ちてしまいます。
さらに、連休中は休みだと思われている可能性がある点も見逃せません。
実店舗でも連休中は営業をしていないというケースがあります。
そのため、ネットショップも休みだと思い込み、GW中はアクセスをしないという人も少なからずいるのではないでしょうか。

顧客にメールでアピールしておくことで訪問数を増やす

GW中に売り上げを落とさないための対策としては、なによりも顧客へのアピールが大切です。
まず、休みだと勘違いしている人がいるのならそれを正す必要があります。
具体的には、GW中も営業していることを顧客に対して事前にメールで伝えておくのです。
その上で、サイト上でもその事実を顧客の目のつきやすい場所で告知し、アピールを行います。
たとえば、サイトに掲載してある各商品の名前の冒頭に「GW中も営業中」という表示を入れておくといった具合です。

また、GW中にもSNSを使って随時アピールをしておくとさらなる効果が見込めます。
なぜなら、たとえ連休中であっても、スマホでSNSをチェックしているという人は相当数いると考えられるからです。
ただし、就寝時もスマホを枕元に置いて眠る人が多いため、深夜にSNSの着信音が鳴ると睡眠の妨げにもなりかねません。
くれぐれも相手の迷惑にならないように気を付け、時間帯を選んで送信するようにしましょう。

GW期間限定のキャンペーンやセールを実施して注目してもらう

もともとGW中はネットショップの売り上げが落ちやすい時期であるため、顧客の購買意欲を高めるキャンペーンやセールを実施することも重要になってきます。
特に、GW限定と銘打って行うキャンペーンが効果的です。
たとえば、送料無料キャンペーンというのも有効な手段の一つです。
送料が有料か無料かによって顧客の購買欲は大きく変わってくるものなので、連休中の売り上げダウンを食い止めるにはもってこいの対策だといえます。

また、販売中の商品をGWの期間だけ値下げするというのもよいでしょう。
大きく売り上げの見込める時期に値下げをするのは賢明だとはいえませんが、売り上げの落ち込む時期を狙って行えば集客を高める効果をもたらしてくれます。
それに加えて、値下げセールを行う際にはいくつかのバリエーションを用意することも大切です。
単に全商品を一律で値下げするだけでは今一つ顧客の心には響いてきません。
それに対して、期間中通して値下げをするものの他に、1日限定、あるいは時間限定の値下げ商品などを用意すると訴求性が一気に高まります。

GWが終わったらすぐに購入しそうな限定商品で売り上げをアップ

GWが終わるとすぐに母の日がやってきます。
したがって、GWのキャンペーンとして、そこに焦点を当てるのも一つの手です。
たとえば、GW期間中にしか買えないお得な母の日ギフトを用意するのです。
そうした限定商品には顧客の購買意欲を高める効果があります。
また、その上で、GW前から取り扱っている商品をGW期間中だけセールの対象にすればメリハリのあるイベントとなります。
もちろん、その際には顧客にメールを送るなどして事前にアピールをするのを忘れないようにしなければなりません。

さらに、目の前の需要だけでなく、もう少し先に目を向けることも大切です。
5月になると、多くの人は夏休みを意識し始めます。
そこで、水着・サングラス・帽子などの夏休みアイテムを仕入れ、先取りセールを仕掛けてみるのです。
このように、顧客が何を求めているのかを考え、それをキャンペーンに結びつけていくのも売り上げをアップさせるための重要なポイントです。

GWはイベントが豊富!ネット販売もイベントで売り上げをアップしよう

GWは多くのイベントが行われるものの、ネットショップにとってはあまり売り上げの期待できない期間のようにも思えます。
なぜなら、街で行われているイベントに出かけ、ネットの方が注目されなくなるおそれがあるからです。
しかし、それもやり方次第です。
GW限定の安売りキャンペーンや母の日キャンペーンなどといった、GWだからこそ有効なイベントも存在します。
それにメールなどを使用すれば、事前告知も容易に行えます。
そうした手法をうまく用いて売り上げアップを図っていきましょう。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ