2019.10.24 |10207view

東京にある卸問屋6エリア

東京にはさまざまな種類の問屋がありますが、その多くはアパレル小売業であれば自由に利用することが可能です。
しかし、なかには一見さんお断りの問屋もあることも理解しておきましょう。
それをふまえ、代表的な卸問屋5エリアの紹介や、問屋を利用する際の注意点について説明します。

そして、足を運ぶ前にネット販売も行っていますので取り扱いの商品も確認してみましょう。

馬喰町問屋街・横山町問屋街

衣料品やバッグなどの服飾小物を取り扱う「日本最大の現金問屋街」として知られています。
こちらの問屋街に並ぶ問屋は約9割が素人お断りとなっており、プロでもロット単位の購入が原則です。
また、問屋によっては「入店カード」や「他問屋との取引伝票」などが必要な場合もあります。
しかし、年2回開催される「大江戸問屋まつり」では一般公開もしており自由に買い物ができます。
また、店頭のワゴンに入ったサンプル品などは自由に買える場合もあります。

そんな問屋街のネットショップで有名なのがイチオクネットです。
商品を仕入れるためには会員登録が必要ですが、登録や年会費は無料となっているので気軽に新規登録できます。

また、イチオクネットの卸問屋では初回購入時の送料が無料の店舗も多くあるので、
お試し仕入れが出来ることや、場所や時間に関係なくいつでも購入ができるので、効率よく仕入れ販売を行えます。

■国内最大級のアパレル専門仕入れサイト
ICHIOKU.NET(イチオクネット):https://www.ichioku.net/shop/default.aspx

浅草:花川戸はきもの問屋街

浅草には「花川戸はきもの問屋街」があります。浅草寺の東側にあり、靴やサンダル、草履などの履物全般を扱っています。
ここでは一般公開もしており、プロでも気軽に履物を買えます。
特に草履や下駄は種類が豊富で、様々な履物を仕入れたいときにはおすすめです。
また、毎年暮れに行われる「花川戸はきもの市」では通常時よりさらに安く履物を購入できます。問屋街の各お店は意外と距離が離れており、取り扱う商品も違います。
できれば事前に買いたいものを決めておくことをおすすめします。
花川戸はきもの商店街は浅草寺などの観光スポットからも近いので、ぜひ足をのばしてみてください。

浅草:かっぱ橋道具街

東京都台東区にあるかっば橋(合羽橋)道具街には、たくさんの調理器具や食器を展開しているお店が並んでおります。
あまり目にしたことのない珍しい商品や、破格の値段で販売しているもの、食品サンプルも数多く扱っております。
また、キッチン周りだけではなく、店舗用品も豊富です。
看板やのれん、券売機などを販売しているお店もあり、見ているだけでも楽しいものばかり。
店舗数は170店舗以上。プロが通う日本一の道具街です。

こんなにいろんな店舗があると、どの店舗に仕入れを行こうか迷いますよね?
インターネット上の「かっぱ橋道具街」では商品別や業種別に細かく取り扱い店舗を探す事ができます。

ネット販売を行っているお店もございますので一度、を覗いてみてください。

■飲食店の道具などを扱う商店街
かっぱ橋道具街:http://www.kappabashi.or.jp/

日暮里:繊維街

日暮里駅からほど近い場所にある繊維街は、生地や皮革、ボタンなどの小物を扱う問屋街です。
1mなど少ない用尺から買えるお店が多く、一般の人でも利用できます。
また、格安でカーテンなどのオーダーメードができる問屋もあります。
卸問屋により得意とする商品のジャンルが違うため、やみくもに問屋街を回ると欲しいものを見つけるまでに時間がかかります。
そこで、事前に買いたい商品をある程度決めておくことをおすすめします。

浅草橋駅界隈:アクセサリー問屋街

浅草橋駅界隈にはアクセサリ−の材料を取り扱う卸問屋が軒を並べています。
ビーズや天然石、金具などのアクセサリーパーツや皮のハギレなどが格安で買えます。
卸問屋の多くが一般向けに小ロットでの販売を行っていますが、皮のハギレ以外は大量購入となります。
また、種類が大変多く、目的のものが見つかるまでに時間がかかる可能性があるため、時間に余裕をもって訪れましょう。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ