new 2019.06.10 |82view

夏はすぐそこ!夏休みのレジャーと必要なアパレルアイテム

せっかくの夏休みを存分に楽しむため、夏にはレジャーに出掛けようと計画する人が増加します。
そこで、アパレル販売事業者は、ユーザーはどのようなアイテムを求めているのか、
レジャーにはどんなアイテムが必要なのかをよく理解しておくことが大切です。
ここでは人気レジャーの紹介と、必要になるであろうアイテムの紹介を行っていきます。
提案の幅を広げながら販売計画を立てていきましょう。

子供からお年寄りまで楽しめる!
水中世界を観察できるシュノーケリング

夏のレジャーと言えば海、そして海と言えばシュノーケリングが人気です。
シュノーケルとマスク、フィンを身に着け、水面をぷかぷかと浮きながら水中世界を楽しむ定番の遊びです。
深く潜ることをせずに楽しむこともでき、浅瀬なら子供やお年寄りでも安全にトライできます。
慣れた人なら軽く潜り魚になったような気分も味わうことができるでしょう。
ナチュラルな遊びゆえに海の環境を汚す心配がないのもポイントです。
必要なアパレルアイテムとしては水着をはじめ、足元の安全のためにもマリンシューズを用意しておくことが推奨されます。
必要に応じてグローブやラッシュガードを準備しておくのも良いかもしれません。

カヌーに乗ってさまざまなアクティビティができるシーカヤック

シーカヤックはカヌーの一種で、水上散歩を楽しめるアクティビティです。
のんびりと水上を漂う以外にも、入り江に行く、シュノーケリングをする、釣りを楽しむなど、幅のある遊び方をできるのが魅力と言えます。
保護者同伴なら子供でもお年寄りでも楽しむことができますので、家族で参加できるレジャーとして選ばれています。
必要なアパレルアイテムとしては水着と、長袖シャツあるいはラッシュガードを準備しておくことが望ましいです。
冷えや日差しが気になりそうな場合は、ズボンと帽子を携帯していくことも推奨されます。

小型のボートで急流下りのスリルも味わえるラフティング

刺激溢れるアクティビティを好む人にはラフティングがおすすめ。
ラフトという小型ボートに乗り、パドルを操作しながら川を下っていく遊びです。
流れが緩いところではのんびりと風景や風を感じられ、泳いだり岩場からのジャンプをしたりする楽しみ方ができます。
急流に差し掛かると、まるでジェットコースターのような刺激溢れる瞬間を体感でき、乗り手同士で力を合わせながら漕ぎ抜けましょう。
一体感のある遊びでもありますので仲の良いメンバーでの参加にも最適です。
濡れてしまうこと必至のレジャーですので水着はもちろんのこと、川の中に入ることも想定してマリンシューズを用意しておくことが望ましいです。
併せてシャツや短パンも用意し、必要に応じて使い分けるようアドバイスを盛り込んでいくのも良いでしょう。

気分は冒険家!?緩急が激しくスリルも遊び要素のキャニオニング

キャニオリングも刺激溢れる夏のレジャーです。
自然によって作られた小さな滝を滑り落ちる遊びで、天然のウォータースライダーを楽しめます。
高さのある滝つぼに飛び込めるところもあり勇気も試されるかもしれません。
場所は大自然の中ですのでぷかぷかと浮かんでいるだけでも自然を満喫できるはずです。
冒険要素もあるレジャーで、非日常を体験したい人に打って付けと言えます。
必要なアパレルアイテムは基本的には水着だけで良く、普段通りの服装でもトライできます。
山に入る際の服装にオシャレ要素を求める人も多いため、夏向けのアパレル用品を併せて紹介していきましょう。

ごつごつタイヤでオフロードをぐいぐい進むマウンテンバイク

アクティブなレジャーが好きな人からはマウンテンバイクが人気となっています。
太く頑丈なタイヤをはいた自転車にまたがり、舗装されていない道や登山道などを走る抜けるレジャーです。
目まぐるしく状況が変わるオフロードの道は気が抜けず、自分の力だけでぐいぐいと突き進む必要があります。
日常では味わえない心地良い疲労と自然を堪能できるでしょう。
汗をかくレジャーですので、速乾性のあるTシャツとズボンを着用して参加するのがベターです。
冷え対策として長袖のラインナップを紹介するのもおすすめです。

空中散歩をしながら絶景を眺めるモーターパラグライダー

空からの景色を堪能できるレジャーと言えば、モーターパラグライダーが有名です。
通常のパラグライダーと違い、プロペラが付いたエンジンを背負って空を舞い、自由度の高い空中飛行を楽しめるのが醍醐味です。
もちろんインストラクターが操縦してくれるため、全くの初めてという人でも安心して参加できます。
空からでしか堪能できない絶景を楽しめるのが魅力で、気持ちの良い風を肌で感じながら美しい景色に目を奪われるはずです。
それと同時に空を飛んでいるという非日常を感じられ、記憶に残る夏の体験となることでしょう。
状況によっては寒さを感じることもありますので、長袖・長ズボンを着用の上でトライすることが望ましいです。

夏のレジャーと必要なアイテムをおさえて提案に生かそう

夏休みに注目されるであろうレジャーを見てきましたが、どれも夏ならではの遊びで計画する人も多くなるはずです。
そして着目すべきなのは、ウォータースポーツには共通するアパレルアイテムが見られることです。
ベースとして用意しておきたい基本のアイテムがあり、レジャーへ行く際にはぜひとも携帯することが推奨されます。
効果的な提案をするためにも、それぞれの夏の人気レジャーの特徴を理解し、どういったアイテムが必要なのかをショップ運営者は認識しておきましょう。
ユーザー目線に立ち計画することで販売を注力すべきアイテムも見えてくるはずです。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ