2018.09.15 |332view

【接客の基礎】ファーストアプローチの重要性とコツ

アパレルの接客において、ファーストアプローチはとても重要なプロセスといえます。スムーズにファーストアプローチを進めることで、満足度の高い接客を提供できるのです。ここでは、ファーストアプローチの概要や上手に進めるコツをご紹介します。

【接客の基礎】ファーストアプローチの重要性とコツ

【接客の基礎】ファーストアプローチの重要性とコツ

アパレルの接客において、ファーストアプローチが苦手……と感じている方は少なくありません。
しかし、お客様に満足してもらえる接客ができるかどうかは、ファーストアプローチにかかっていると言っても過言ではありません。

また、ファーストアプローチは商品を買ってもらうためだけでなく、防犯の観点から見ても非常に大切なプロセスといえます。
今回は、アパレルの接客におけるファーストアプローチの概要や重要性を解説すると共に、声掛けや態度など、お客様に上手に接近するためのコツをご紹介します。

接客のカギ! ファーストアプローチの概要

ファーストアプローチってどんなこと?

ファーストアプローチってどんなこと?

ファーストアプローチの意味は、ファースト=“第一の”、アプローチ=“近づく・接近すること”です
つまり、お客様と販売員が最初に接近する際に行う接客のことを指します。

一般的にアパレルのショップでは、お客様が店内を歩いたり商品を手に取ったりしている際に、販売員が「何か気になるアイテムはありますか?」「どうぞお鏡で合わせてみてくださいね」などと声をかけるのが当然の行動といえます。 この行動こそが、接客のカギであるファーストアプローチです。
笑顔で丁寧に接することで、お客様の警戒心をほぐし、接近するきっかけを作ることができます。

ファーストアプローチはどうして大切?

ファーストアプローチの大きな目的のひとつに、販売員がお客様の存在を気にかけているということを明確に示すことが挙げられます。
お客様が来店しているのにも関わらず、販売員から積極的なアクションがないと、“このお店はお客様への関心がない”と見なされ、販売員だけでなくお店にも悪い印象がついてしまうでしょう。

また、来店したお客様への声掛けは防犯対策としても有効です。
店内にいるお客様一人ひとりへの声掛けや気配りを徹底することで、隙を与えず、万引きなどの犯罪を防止することができます。
さらにもうひとつ大切な目的として挙げられるのが、お客様のタイプやニーズを見極めるきっかけにするという点です。
アパレルのショップには、さまざまなタイプのお客様が訪れます。
一人でじっくりショッピングしたい方もいれば、販売員のアドバイスを聞きながら商品を選びたい方もいるでしょう。

また、時間をかけてゆっくり商品を見たいのか、空いた時間にさらっと商品を眺めたいだけなのかで、接客の仕方も変わってきます。
お客様のタイプやニーズに沿わない接客をしてしまうと、「もっと色々とアドバイスして欲しいのに……」「急いでいるからあまり話しかけないで欲しいな」などと敬遠されてしまうかもしれません。
それぞれのタイプに合った接客を叶えるためにも、ファーストアプローチを通じてお客様の状況を感じ取ることが大切なのです。

ファーストアプローチを成功させるコツ

“話しやすい販売員”の雰囲気を作る

ファーストアプローチを成功させるには、まずはお客様に心を開いてもらうことが重要なポイントです。
「この販売員となら話をしてみたい」と感じてもらうことで、会話が弾みやすくなり、その後のセールストークもぐっと伝わりやすくなります。
話しやすい販売員の雰囲気を作るためには、常に自然な笑顔で振る舞い、テキパキと行動するよう心がけましょう。
実は、店内に入った時点で無意識に販売員の様子をチェックしているお客様も多いといわれています。
忙しい時や細かい作業を行う時は、ついつい無表情になりがちですが、“自分は常にお客様から見られている存在”だという意識を持つことが大切です。 また、販売員の基本として身だしなみをきちんと整えることも忘れないようにしましょう。
清潔感のある髪型やメイクを心がけると共に、お客様に自信を持って提案できるようなコーディネートを身に付けましょう。

お客様との距離をぐっと縮める言葉とは?

ファーストアプローチでは、お客様が特定の商品に対して強く興味を持っている様子がない限り、具体的な商品のセールストークは避けるのが無難です。
初めから商品の特徴などをたくさん説明されると、お客様は「まだそんなに興味はないのに、買わなければいけない雰囲気だな……」とプレッシャーのようなものを感じてしまう可能性があります。
そうなると、お客様との心の距離を縮めるのは難しくなってしまうのです。

まずはお互いにリラックスして会話ができるよう、普段の会話を楽しむつもりでお客様と接しましょう。
話題は、その日の天気などの世間話でもいいですし、お客様が身に着けているものを褒めるのも効果的です。
特徴的なデザインのアクセサリーや、柄物の洋服など、コーディネートの中でもひと際目立つアイテムは、お客様のお気に入りのものである可能性が高いといえます。
誰でも、自分が気に入っているものを褒められるのは嬉しいものです。
また、このような会話を通じてお客様の好みの傾向を知るきっかけにもなるでしょう。

せっかく来店してくれたお客様には、楽しくお買い物の時間を過ごしてもらいたいですよね。
しかし、接客の仕事が初めてだったり、“売りたい”という気持ちが前のめりになったりすると、緊張して上手く接客できない……という方も多いのではないでしょうか。
ファーストアプローチをスムーズに行う上で大切なのは、まずは販売員が肩の力を抜いて、お客様とのコミュニケーションを楽しむことです。
ファーストアプローチの方法を改善したいという方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ