2018.01.12 |161view

生地や丈感でさまざまな表情を見せるワイドパンツ

ワイドパンツはコーディネート次第でキレイ系にもかわいい系にもできるとっても便利なアイテムです。「身長が低いから履きこなせるか自信がない」という声もよく聞きますが、そんな心配はありません!小さめさんだからこそ出せる雰囲気もあるので、ぜひチャレンジしてみては?ワイドパンツにおすすめの靴など、着こなしテクについて詳しく紹介します。

キレイ系

ワイドパンツ2

キレイ系の着こなしを目ざすなら、ポリエステルなどのクタッとした落ち感のある素材がおすすめです。長時間のデスクワークでもシワになりにくいので通勤着にもぴったり。共布ベルトやタッセルなどが付いているタイプならば、より今年らしさを出すこともできるでしょう。春の流行色イエローをシンプルな白のブラウスと合わせて華やかにするのも良いですし、ボーダーのカットソーと合わせればアクティブな雰囲気を出すこともできるでしょう。

>>ワイドパンツの仕入れはこちらから

かわいい系

ワイドパンツ2

かわいい系をねらうならば、チノクロスなどのハリ感のある素材が正解です。タックの多いふくらみのあるワイドパンツはキュートですが、お尻回りのボリュームが目立ってしまうというデメリットがあります。でも、ハリ感のある素材ならばスリムに見える効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。ショッキングピンクなどのビビッドなカラーにチャレンジして、とことんかわいさを追求してみるのもおすすめです。

ワイドパンツに合わせたい靴

ワイドパンツ2

ワイドパンツはほとんど足元が隠れていますが、オシャレ上級者ならばチラ見えした時に正しくキメておきたいものです。たとえば、キレイ系にまとめている時にはストッキングにパンプス、ブーツなどが正解といえます。よりフェミニンな印象にしたいならばアンクレットを使用するのもおすすめです。かわいい系の時には靴下とスニーカーでカジュアルに装ってみてはいかがでしょうか。ヒール付きのスニーカーにして女性らしさをプラスしてみるのも◎。

>>パンプスの仕入れはこちらから
>>ブーツの仕入れはこちらから
>>スニーカーの仕入れはこちらから

身長別の着こなしテク

ワイドパンツ3

身長が155cm以下の人は、やや丈の短いレングスタイプのワイドパンツがおすすめです。くるぶしまであるフルレングスのワイドパンツだと下半身ばかりが目立ってしまう可能性があります。幅はあまり広くないタイプにして縦長効果を目ざしてください。トップスはVネックなどでミニマムにまとめれば、小柄ならではのピリッとかっこいい雰囲気を出せるでしょう。一方、160cm以上の方ならばボリュームのあるデニムパンツなどでもOKです。さらに165cm以上ならばロング丈のアウターと合わせるなど個性的な着こなしもおすすめです。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ