2017.08.07 |170view

ベリーダンスの衣装には種類がある?ステージ衣装を選ぶポイント

美しいダンスや振る舞いなどから、女性たちの間ではベリーダンスが大ブーム。しかしながら、ダンスをするときに気になるのが、その衣装。ベリーダンスの衣装にはオリエンタルやトライバルなどの種類があります。さらにオリエンタルのなかにエジプシャンやターキッシュに分かれているのです。近年ではロシアスタイルも人気ですね。これらにはいったいどんな違いがあり、どんなときに着るのがベストなのでしょうか?ここでは衣装の紹介をします。

オリエンタルスタイル

ベリーダンス2

オリエンタルスタイルは、ベリーダンスっぽい印象がある衣装といえるでしょう。オリエンタルスタイルにはエジプシャンとターキッシュがありますが、動きがわかりやすいのがエジプシャン衣装、ビキニのように上下が別れているのがターキッシュ衣装に。エジプシャンは伝統的なスタイルで露出が少なめになっており、ビキニのように上下が別れているものもありますが、そういうスタイルには上に素材をかぶせたりすることがあります。ターキッシュ衣装はエジプシャンが発展したあとのスタイル。セクシーな印象で、太ももにスリットが入っていること多いです。

>>ベリーダンス衣装はこちらから

トライバルスタイル

ベリーダンス2

トライバルスタイルは、オリエンタルとは違い、アメリカに渡ったときに発展したものになります。華やかなオリエンタルスタイルに比べて、黒やナチュラルな雰囲気の色合いものが多く、装飾もコインやガラスなど、原始的なものが多い印象です。

ロシアンスタイル

ベリーダンス2

最近ではロシアの衣装が人気ですが、こちらもまたオリエンタルやトライバルとは違った繊細で優美な印象があります。フリルが多くついていたりしてかわいらしいものも多く、ターンをしたときや動き回るときに華やかさを演出してくれます。ほかにもスワロフスキーがついているなど、中東とは一味違ったゴージャスさを見ることができます。

自分に合ったスタイルを

ベリーダンス3

このようにベリーダンスの衣装にはじつにさまざまな種類がありますが、どの曲のときにどれを着なければならないという正式なルールはほとんどありません。もちろん局長やダンスと衣装を合わせることも大切なのですが、違う衣装を着ているからといって、厳しくとりしまられることはないのです。つまり、ベリーダンスの衣装を選ぶときは、ダンサーが気に入った衣装を選んでしまってかまわないということ。見た目にも気に入り、踊りやすいものを選んでみてください。自分の気に入った衣装を選んで着こなすことで、内側から楽しみや喜びがあふれ、魅力が増してくることでしょう。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ