2017.08.05 |149view

クラッチバッグでスマートな印象に!結婚式でのバッグ選びのコツ

結婚式やパーティーなど、ドレスとともによく使われるクラッチバッグ。持っているだけでおしゃれに見えますし、スマートな印象にもつながります。しかしながら、選び方にはいくつかのポイントがあり、失敗すると残念な印象になってしまうこともなりかねません。スマートにふるまうにはどんなバッグを選べばいいのでしょうか?ここではクラッチバッグの選び方についてご紹介します。

クラッチバッグの選び方

クラッチバッグ2

まず、クラッチバッグを選ぶときに注意したいことは、好きなデザインであれば何でもいいというわけではないということです。なぜなら、パーティードレスや履いている靴などと合わせて、トータルで考えて選ぶのがスマートだからです。黒などのシンプルなドレスであれば、それほど選び方に迷うことはありませんが、たとえばカラードレスに相性の悪い色や柄を選ばないように注意しましょう。おすすめとしては、靴に合わせた色にすると、心配がありません。不安であれば、ドレスや靴と一緒に購入してしまいましょう。

>>クラッチバッグはこちらから

使いまわせるデザインとは

クラッチバッグ2

とはいえ、ドレスをいくつも持っていると、「そのぶんクラッチバッグを揃えなきゃダメなの?」と思ってしまいがち。しかしながらそんなことはまったくありません。どんなドレスにも合わせたいのであれば、どんなドレスにも合わせやすいクラッチバッグを選べばよいのです。たとえばゴールド系やシルバー系の色を選ぶとカラードレスやシックな黒のドレスにも合わせやすく、華やかな雰囲気を出すことができます。素材も靴や素材と合わせるのがベストですが、いろいろなドレスや靴と着こなしたいのであれば、スパンコールやラメがついたものを選ぶと、結婚式はもちろんのこと、どんなときも活躍できるパーティーバッグに。

サブバッグを用意しよう

クラッチバッグ3

クラッチバッグはスマートでおしゃれな印象を演出しやすいのですが、そのマチの小ささから、どうしても荷物が多く入らないというデメリットがあります。メイク道具を入れたり、結婚式ではご祝儀を入れたりと、何かとパーティーは荷物が多くなってしまうもの。そこでおすすめなのが、サブバッグを持つことです。サブバッグは紙袋などを使う人も多いのですが、これはNG。サブバッグもまた、フォーマルな場に持っていくものですから、きちんとしたものを選びましょう。布製のハンドバッグがおすすめです。こちらもまた、ドレスと一緒にデザインを合わせましょう。注意点としては、できればサブバッグはクロークに預けてしまうこと。会場でもスマートにふるまえるように心がけてください。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ